祝宴の家に行くよりは、喪中の家に行くほうが良い。

                                 (伝道者の書7:2)

新改訳聖書©新改訳聖書刊行会


キリスト教のご葬儀について

 誰もがみな、一年一年を重ねていきます。そして、やがて必ず訪れる「死」…。考えておられますか。クリスチャン人口が1%にも満たない日本では、「キリスト教の葬儀」についてご存知ない方が多いようです。キリスト教の葬儀には、神の深い慰めと天国での再会の希望があります。聖書的な教えに基づき、召天式から葬儀全般、納骨式にいたるまでご説明いたします。洗礼を受けていない方も一度ご相談ください。


聖書では、お祝いの家に行くよりも、葬儀や喪中の家に行く方が良いと教えています。それは、自分の人生の終わりについて考えるからです。すでにご家族を見送られているご家族には、天国のご家族を偲ぶ記念会を行っています。聖書の御言葉から、主の慰めと再会の希望を受け取りましょう。