イエスさまの祈りに支えられて

 私はもともと仏教の家庭に生まれ育ちました。自分の将来を考えていた頃、父が独立して会社経営を始めました。朝から晩まで一所懸命に働く両親の力になりたいと思い、私も父の会社を手伝う決心をしました。でも、景気の冷え込みは激しくなる一方で、次第に家族の中の雰囲気も悪くなり、心も体も疲れを覚えていきました。そんな時、一人のクリスチャンを通して教会へと導かれ、初めて聖書にふれ、イエス・キリストと出会いました。それから約一年半の求道生活を経て、主の導きを確信し、多くの方の祈りにも支えられ、洗礼の恵みにあずかりました。家族の反応は冷ややかでしたが、少しずつ家の中の雰囲気が変えられていくのを感じました。そして、ある青年との忘れられない出会いと別れがあり…彼の葬儀の中で、私は牧師になる決心をしました。両親には反対されましたが、自分の真剣な気持ちを伝え、それから二年後に仕事を辞め、聖書を学びに行くことを許してもらったのです。

 小さい頃から家族に迷惑ばかりかけて、成人しても生意気なことばかり言ってきた私は…少しでも良い牧師になって、家族や友人に良き証しをしたいと思っていました。しかし、そんな私の思いは実現されませんでした。私が神学校で学んでいる3年目の秋に、父は経営不振の責任を負って自ら命を絶ちました。兄から連絡をもらって家にかけつけると、眠っている父の姿がありました。その時、私は何もかも嫌になって、聖書を読むことも、祈ることもできず、牧師になることも辞めようと思いました。でも、そんな時、私の心にイエスさまの御声が聞こえてきたのです。「しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」不思議な経験でした…。イエスさまは、私の信仰がどんなに脆く、儚いものかをご存知の上で、そんな私とともにいて、私の信仰がなくならないように祈っていてくださったのです。それに気づかされた時、涙が止まらなくなりました。

 それからしばらくして、私は立ち直りました。そして、もう一度主がお入用ならばと献身を新たにしたのです。あれから十数年…。神さまのご計画が、まだすべてわかったわけではありませんが、これからもこの方を信じて、この素晴らしい福音を一人でも多くの方に伝えていきたいと思っています。

 

40代 牧師