すべての事に感謝して

 大昔、小学校にあがったとき、教室では教科書も読まず、歌も唄いませんでした。三年生まで頑張ってしまいました。担任の先生から、「がむしゃらな奴」だと言われました。

 自分のきらいなことはしない。やりたいことは強引にやり通すのががむしゃら人間だと知りました。おごり、高ぶり、気短い、全く自分中心そのもの生きざまを続けてきました。長い人生何度も戸をたたいてくださる方がおられましたが、耳を貸すことなく思い上がったまま、どうしようもない人間になり下がりました。当然の報いがきました。

 小さな家族が音をたてて崩れようとしていました。家族の一員が魂の危機に陥ったのです。親として何もする手立てがありませんでした。自分の罪咎を省みることもなく、ただただ祈りました。祈りはじめて一年、信じられない奇跡が起こり、あっという間に二つの家庭が救われました。

 依頼、私は、聖書を学び、自分から礼拝にも出席するようになり、クリスマスの礼拝で洗礼を受けました。家族も孫も式に出席し、よき証しを見てもらいました。私たちの入信は、直接的には三人の牧師先生、教会の諸先輩方の支えがあっての奇跡でした。いま教会の門前に立って、いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべてのことに感謝しなさいという神さまのご命令を実践すべく、半歩一歩、歩み出したいと思います。

80代 男性