2018年テーマ『みことばに生きる教会』

教会はキリストのからだであり、

すべてのものをすべてのもので満たす方が満ちておられるところです。

                                                          (エペソ人への手紙1:23)

新改訳聖書©新改訳聖書刊行会


箕面めぐみ聖書教会は、1994年に茨木聖書教会伝道所として開拓が始まりました。当初は、牧落駅近くの一軒家を借りて礼拝を献げていましたが、2001年に西小路のMKM友ビル2階に移転、2017年には箕面4丁目に会堂を取得し、現在に至ります。初代牧師は安宣教師、二代目は松村牧師、三代目に山下牧師が遣わされています。

 

阪急電鉄箕面線の箕面駅から教会までは900mほどの場所にあります。徒歩の方は箕面の山並みを左手に見ながら東に向かって約15分ほど歩いてください。車の方は箕面第二中学や如意谷1丁目の交差点が目印です。まだ小さな群れですが、毎週日曜には子どもから大人まで30~40名ほどが集っています。

 

私たちの教会はクリスチャンだけではなく、どなたにも開かれています。日曜日の礼拝を中心に、子ども向けの礼拝、水曜祈祷会、聖書を学ぶ会、英会話教室など、さまざまな定期集会があります。その他にも、バイブルクラス、囲碁クラス、コンサート、カウンセリング、カルト宗教の相談会なども行っています。どの集会でも献金や信仰を押し付けるようなことはありませんので、初めての方も安心してご出席いただければ幸いです。

 

人間は、偉大なる神との交わりにあずかりうる者として、神のかたちに創造されました。それゆえ時代の哲学者は「人の心には神によってしか満たされない空洞がある」と言いました。主日礼拝はそんな心の空洞を満たす場です。お子さま連れのご家族も遠慮なくいらしてください。

 

主を喜ぶことはあなたがたの力です」私たちはみな、心と体の安息が必要です。あなたも新しい一週間の始まりに、日常の慌ただしさやさまざまなストレスから解放されて、神の愛と慰め、喜びに満たされる人生の素晴らしさを一緒に味わいましょう。教会員一同、あなたとの出会いを楽しみにしています。


 <教会の地図>